証券用語解説集

B to B(びーとぅーびー)
分類:経済

Business to Businessの略称。インターネットの普及で多様化した商取引の形態を区別するため、一般消費者向けのビジネスを指す「B to C」に対し、「B to B」は、製造業者(メーカー)と商社、卸問屋と小売店など、法人顧客相手の「企業間取引」を指す。もとは電子商取引に関する用語だが、近年は一般商取引にも使われる。取引される商品は完成品ではなく素材や部品等が中心。市場規模が縮小する業界では、成長分野としてB to Bを強化する傾向がある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。