証券用語解説集

アフリカ開発会議(あふりかかいはつかいぎ)

分類:経済

アフリカの開発をテーマとする国際会議(TICAD、Tokyo International Conference on African Development)。日本政府が1993年から主導し、国連(UN)、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)および世界銀行と共同で開催している。

第5回会議までは日本で開催されていたが、第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)は2016年8月にアフリカ(ケニア)で初めて開催され、ナイロビ宣言が採択された。日本政府はナイロビ宣言の3つの優先分野に則し、2016年〜18年の3年間で、約1,000万人への人材育成をはじめ、官民総額300億米ドル(約3兆円)規模のインフラ整備や保健システム促進、平和と安定の基盤作り等のアフリカの未来への投資を行うとした。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。