証券用語解説集

発行登録制度(はっこうとうろくせいど)
分類:制度・法律

発行会社が、有価証券の募集・売出しを機動的に実施できるようにするための制度のこと。アメリカで1983年に導入されたShelf registration(一括登録制度)にならい、日本には1988年の証券取引法の改正で創設された。

具体的には、一定の適格要件(1年間以上継続開示、上場企業であること、一定額以上の株券の売買金額・時価総額、指定格付けの取得など)を満たしている発行会社が、あらかじめ一定期間内(1年または2年)に予定する有価証券の募集または売出しについて、発行登録書を内閣大臣に提出していれば、その有価証券の募集又は売出しの届出手続きの代わりに、発行条件等のみを記載した簡略な発行登録追補書類を提出することにより、募集・売出しをおこなうことが可能となる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。