証券用語解説集

ボリンジャーバンド(ぼりんじゃーばんど)
分類:分析・指標

トレンド系のテクニカル指標で、米国のジョン・ボリンジャーが考案したことからこの名前がついた。移動平均線とその標準偏差をチャート上に描画し、正規分布の状態であれば、平均値±標準偏差内にデータが入る確率は約68%、平均値±標準偏差の2倍内にデータが入る確率は約95%、そして平均値±標準偏差の3倍内にデータが入る確率は約98%で判断する手法。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。