証券用語解説集

フィッシャー方程式(ふぃっしゃーほうていしき)
分類:分析・指標

米国の経済学者アービング・フィッシャー(Irving Fisher)が導き出した理論で、名目金利、実質金利、期待インフレ率(物価上昇率)の間の関係式。

名目金利=実質金利+期待インフレ率

で表される。名目金利が一定ならば期待インフレ率を持続的に高めていくことが実質金利を下げる効果として働き、経済活動が活性化されることで景気回復へ向かうとされる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。