証券用語解説集

閑散に売りなし(かんさんにうりなし)

分類:相場・格言・由来

相場の低迷が続き商い(出来高)が減少して閑散になると、嫌気がさして保有銘柄を売りたい衝動に駆られることもあるが、こうした相場状況ではすでに売りが出尽くしていることも多いため、わずかな材料で相場が急反発することがある。このため、閑散状態の売りは愚策であるという相場格言。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。