証券用語解説集

買いたい弱気(かいたいよわき)
分類:相場・格言・由来

相場の格言の一つで、相場の先高観が高まっても、もう少し安くなってから押し目を拾いたいという心理が支配することをいう。現在より少しでも安いところを買いたいという投資家心理が買い場を逃したり、反対に、相場が下げるはずという希望的観測に捉われすぎて逆目の売りに手を出してしまうこともある。一般に買いたい弱気は、買いに対する自己矛盾の心理状態を表わしており、相場においては、いかに心理状態を主観的ではなく、客観的に保つかが重要である。対義語は「売りたい強気」。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。