証券用語解説集

額面金額(がくめんきんがく)
分類:債券

額面金額は、債券1枚ごとの券面上に記されている金額で、額面×申込み単位で出された金額である。売買する際の最低単位のことをいう。

同じ債券でも、5万円、10万円、100万円といった、いくつか違った額面金額のものが発行されることが一般的である。ちなみに個人向け国債の額面金額は1万円である。

償還を迎えると、額面金額が戻ってくる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。