証券用語解説集

雲(くも)
分類:分析・指標

一目均衡表の先行スパンに挟まれた部分のことをいう。抵抗帯ともいう。

雲は、直近52日間の高値・安値の平均値(先行スパンB)と、直近26日間の転換線・基準線の平均値(先行スパンA)の間にできる。これら平均値の間の差が大きい状態のことを「雲が厚い」といい、小さい状態のことを「雲が薄い」という。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。