証券用語解説集

みなし額面(みなしがくめん)
分類:分析・指標

株式の額面制度は2001年の商法改正で廃止されたが、廃止後も株価形成にはそれぞれの旧額面が反映され、個々の銘柄によって50円、500円、5万円など株価の水準が異なっていた。そこで、日経平均株価の算出の際には、株価水準を調整するため、旧来の額面を引き継いだ「みなし額面」を各銘柄に設定し、各銘柄の株価を旧50円額面に換算したうえで計算していた。

2021年10月1日より日経平均株価の算出ルールが改定され、構成銘柄の株価水準調整に用いていた「みなし額面」は「株価換算係数」に変更された。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。