証券用語解説集

二重天井(にじゅうてんじょう)
分類:分析・指標

株式のチャート分析で用いる言葉。チャートの高値圏で2回、同程度の高値を付けることで、ダブルトップともいわれる。三尊型と並び、相場の天井を表すチャートの形とされる。

二重天井を形成した後、二つの高値の間にある安値(谷の部分)を下回った場合、株価反落のサインとなる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。