• B!ブックマーク

オムニチャネル|証券用語解説集

読み:おむにちゃねる
分類:経済

オムニチャネルとは、顧客を中心にすべて(オムニ)の販路(チャネル)を連携し、統合して考える販売戦略のこと。

実際の店舗やインターネットの通販サイト、カタログ通販誌、ダイレクトメール、ソーシャルメディアネットワークなどさまざまなチャネルやツールを組み合わせることにより、顧客側は希望する購入形態でいつでもどこでも同じように商品を購入でき、販売側は購買層および売り上げの拡大が期待できることが特徴。

オムニチャネルは当初小売業の販売戦略から生まれた用語だったため、小売業を中心に導入が進んでいたが、現在、金融業や製造業などでも同様の取り組みが展開されている。

同様に複数のチャネルを提供するが、それぞれのチャネルが連携していないマルチチャネルや、顧客管理と商品管理のチャネル横断ができないクロスチャネルから進化した販売・購買形態といえる。なお、類似の販売戦略であるO2O(オンライン・トゥー・オフライン)は、スマートフォンを使ったクーポン券の配布などによる顧客の店舗誘導により、新規顧客獲得に効果的とされており、既存顧客の囲い込みにはオムニチャネルが適しているとされる。

  • はじめての投資信託 知っておきたい基礎知識、まめ知識
  • 投信積立キャッシュバックキャンペーン
  • 新しいNISA、始動。
  • 資産づくりをはじめる 野村だからこそ、安心して踏み出せる一歩
  • 野村ではじめる「資産運用」キャンペーン

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン