• B!ブックマーク

リスク分担型確定給付企業年金|証券用語解説集

読み:りすくぶんたんがたかくていきゅうふきぎょうねんきん
分類:年金・保険

企業年金の運用リスクを事業主と加入者(従業員)で分担する仕組み。事業主が運用し積立不足が生じた場合の追加拠出などをすべて事業主が負担する「確定給付型」と、事業主が提示した金融商品から加入者が自ら選び運用する「確定拠出型」の中間的な制度で、平成29年(2017年)1月に導入された。将来発生するリスクの分担方法は、あらかじめ労使合意により定めておく必要がある。


事業主は資産価値の変動と予定利率の変動に対応した額を「リスク対応掛金」としてあらかじめ多めに拠出することで、運用が悪化しても追加拠出はせず、給付額の調整を行う。加入者は給付減額のリスクを負う代わりに掛金の上乗せによる給付増額が期待できる。

  • 未来への挑戦、今ここから始まる 野村のサマーセミナー2024
  • 野村ではじめる「資産運用」キャンペーン
  • 投信積立キャッシュバックキャンペーン
  • 株主優待で賢く 株式投資
  • 資産づくりをはじめる 野村だからこそ、安心して踏み出せる一歩

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン