• B!ブックマーク

流通市場(債券)|証券用語解説集

読み:りゅうつうしじょう(さいけん)
分類:証券市場

既発債を売買する場所を流通市場と呼ぶ。流通市場には、取引所取引と店頭取引がある。

既発債を売買するためには、投資家から注文を受けた証券会社等が、その注文を証券取引所に取り次ぎ、取引所で売買の相手方を探すか(=取引所取引)、自らが売買の相手方になって相対取引(=店頭取引)をするかの2つの方法がある。

債券の流通市場では店頭取引が大部分を占めている。債券の銘柄数は数万以上あり、しかもその一部は年々償還され、さらに新規発行されるなど、常に入れ替わっており、取引所で売買するには物理的な限界があるからである。その他、債券は銘柄別の個性が乏しいとか、取引単位が大きいなどの理由がある。

  • 外国株式投資の基礎知識 銘柄選びから取引方法をご紹介!
  • 未来への挑戦、今ここから始まる 野村のサマーセミナー2024
  • 野村の資産運用アプリ NOMURAアプリ 取引・管理をサクサクと自分なりに楽しめる
  • はじめての投資信託 知っておきたい基礎知識、まめ知識
  • 分散投資×先進国外債の魅力 ~過去から学ぶ、運用成果の高い組み合せは?~

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン