証券用語解説集

財投債(ざいとうさい)
分類:債券

「財政投融資特別会計国債」の略称で、国が「財政投融資制度」の財源を金融市場から調達するために発行する国債の一つ。2001年の財政投融資改革で、財政投融資の原資だった郵便貯金や年金積立金の預託義務が廃止されると同時に導入された。財政規律を保持するため、毎年の発行限度額については国会の議決を必要とする。

通常の国債は、一般会計の歳出の財源となり、租税などを償還財源としている。一方、財投債は償還・利払いが財政融資資金の貸付回収金などによって賄われるため、一般政府の債務には分類されない。

発行・流通の仕組みについて通常の国債と一体で取り扱われるため、金融商品として見た場合、財投債と通常の国債に差異は全くない。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。