証券用語解説集

先導株比率(せんどうかぶひりつ)
分類:分析・指標

大商い10銘柄占有率とも呼ばれ、株式市場の総売買高(総出来高)のうち上位10銘柄の占める割合を指す。相場の物色集中度を見るための指標で、通常は15%~30%で推移することが多い。比率が上昇している時は市場全体に勢いがあると見なされ、経験則として、30%を超えると相場が「過熱気味」であり、15%を下回ると物色の焦点が定まらず相場が「低迷」することが多いとされる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。