証券用語解説集

節分天井・彼岸底(せつぶんてんじょう・ひがんぞこ)

分類:相場・格言・由来

節分の時期(2月上旬)に高値をつけて、彼岸の時期(3月中旬)に安値をつけるという、相場の言い伝え。年初から新春相場が始まると、節分の時期まで上昇を続け、その後は3月決算などのイベントを控え調整局面になり、しだいに下落していくという相場の動きを言い表している。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。