証券用語解説集

生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数(せいせんしょくひんおよびえねるぎーをのぞくそうごうしすう)
分類:分析・指標

消費者物価指数(CPI)に関する新たな指数。総務省統計局は2017年1月分(17年3月3日公表)の消費者物価指数から、物価動向をより的確に把握できるように、総合指数のウエイトの約9割を占める「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」指数の公表を開始した。天候によって値段が左右される生鮮食品と、原油価格の影響を受けやすいエネルギー(電気代、都市ガス代、プロパンガス、灯油、ガソリン)を除いて算出される。

CPIとして全体を示す総合指数と値動きが激しい生鮮食品を除く総合指数(コアCPI)、食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数(従来のコアコアCPI)に、当指数(新コアコアCPI)が加わった。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。