証券用語解説集

ジャパン・パッシング(じゃぱん・ぱっしんぐ)
分類:経済

「日本素通り」などと訳され、外国政府や海外企業などによる日本への関心の低さを示す。もともとは1998年に当時のクリントン米大統領が訪中し、同盟国であった日本に立ち寄らずに帰国した際に、ジャパン・バッシング(日本叩き)をもじって用いられた。欧米などの先進国の投資マネーが日本以外のアジア諸国・地域の金融・資本市場に流れる現象を表すほか、ビジネスの拠点、学生の留学先など、多様な状況において日本が回避されたり、軽視されたりする場面で使われる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。