証券用語解説集

資金吸収額(しきんきゅうしゅうがく)
分類:株式

IPOの際に企業が株式市場に新規に公開する公募株式と売出株式によって市場から得られる資金の総額のこと。企業が新規に株券を発行する公募株式と既存の株主の株式を放出する売出株式を合わせた株式数と公開価格を掛け合わせて算出される。

一般的に、資金吸収額が少ないほど市場に出回る株式数が少なく、投資家の需要が高くなるため、上場後の株価が上昇しやすいと言われている。資金吸収額が10億円未満だと小型案件とされ、注目される傾向にある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。