証券用語解説集

時価発行新株予約権信託(じかはっこうしんかぶよやくけんしんたく)
分類:制度・法律

新株予約権と信託を組み合わせて従業員にインセンティブを付与する仕組み。発行した新株予約権をいったん保管し、企業への貢献度合いに応じて付与する点で、従来のストックオプション制度と異なる。

信託契約に基づいて、委託者(企業オーナーや発行会社など)が受託者(税理士や信託会社など)に対して金銭を信託する。受託者はその信託された資金を新株予約権の発行会社に払い込む一方で、発行された新株予約権を保管する。その後、一定の条件を満たしたときに、受託者は発行会社が付与したポイントに応じて受益者(従業員)に新株予約権を交付する。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。