証券用語解説集

Jカーブ効果(じぇいかーぶこうか)

分類:分析・指標

外国為替相場の変動に対し、その効果が現れるまでタイムラグがあり、短期的には予想される方向とは逆の現象が起こること。
円安の進展は、当初は貿易収支が悪化するものの、それが一定期間を経過すると黒字に向かって上昇する(J字型を描く)。逆に、
円高は日本のドル建ての輸出価格が上昇し、輸出量の減少は遅れるために、一時的に輸出総額が増え、
その後減少していく(逆Jカーブ)ことになる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。