証券用語解説集

時価発行増資(じかはっこうぞうし)
分類:会社・経営

会社が資金調達を行う際に、発行価格を市場価格(時価)に近い価格に設定しておこなう増資のこと。会社にとっては、時価が高くなればなるほど、少ない発行株式数で多くの資金を調達できるというメリットがある。
発行価格は、価格決定から払込までの間に起こりうる株価変動などを考慮し、一定の日の時価を基準としてある程度のディスカウントをおこなって決定している。このディスカウント率は、投資家の需要動向等を勘案して決定されるのが通例である。
通常、会社が募集株式等の発行をおこなう場合、その募集ごとにその条件をすべて均等にし、発行価格が既存株主にとって著しく不公正にならないようにする必要がある。また株主以外の者に対し、特に有利なる発行価格をもって募集株式等を発行する場合は、株主総会でその理由を開示して特別決議を経る必要がある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。