証券用語解説集

事前警告型防衛策(じぜんけいこくがたぼうえいさく)
分類:会社・経営

買収者が大規模な買付行為を仕掛ける場合に守るべきルールを、対象会社が事前に設定・公表し、買収者がルールを守らない場合等には、対抗措置を採ることを警告するタイプの買収防衛策を事前警告型防衛策という。事前に対抗措置発動の可能性を示唆することで、買収者に当該買収提案に関する必要十分な情報を開示させ、対象会社が買収提案の検討をおこなう時間を確保するとともに、買収者との交渉の機会を確保し、企業価値および株主共同の利益を毀損するような買収を牽制することを目的としている。

事前警告型防衛策は、現在の日本における買収防衛策の主流となっている。企業ごとに、対抗措置発動の要件や対抗措置の内容、独立委員会の役割等、その設計は様々である。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。