証券用語解説集

十字線(じゅうじせん)
分類:分析・指標

ローソク足の寄り・引け同時(同事)線の種類の一つで、寄せ線とも呼ばれている。相場の転換を暗示するシグナルとされている。

始値と終値が同一で、その値段を挟んで高値と安値が存在する。高値に向かって上ヒゲが、安値に向かって下ヒゲが出ており、その姿が十字になっていることから、十字線と呼ばれている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。