証券用語解説集

ショーグン債(しょーぐんさい)
分類:債券

海外の発行体(企業や政府、国際機関など)が日本の投資家を対象に発行する外貨建て債券のこと。「ショーグンボンド」や「東京外貨建て外債」とも呼ばれる。ユーロ債の一種で、元本の払い込み、利払い、償還ともに外貨建てで行われるため、為替変動の影響を受ける。

1985年に世界銀行が米ドル建て債券を発行した際などに発行数が増加。国内債と同じく利子源泉課税が適用されている。

なお、海外の発行体が日本で資金調達する手段としては、日本の投資家を対象とした円建て外債の「サムライ債」、複数の国内金融機関が、円および他通貨で協調融資を行う「ニンジャローン」、円で協調融資を行う「サムライローン」などがある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。