証券用語解説集

所得の種類(しょとくのしゅるい)
分類:税金

一般的には収入から元手や必要経費を減じたものが所得となり、その金額によって所得税額が算出される。所得税法では、課税の対象となる所得を10種類(利子所得・配当所得・不動産所得 ・事業所得 ・給与所得・退職所得・山林所得・譲渡所得・一時所得 ・雑所得)に分類しており、所得の性質を勘案した上でそれぞれ算出方法を定めている。なお上記のうち退職所得と山林所得以外は総合課税(各種の所得金額を合計して所得税額を計算する)の対象である。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。