証券用語解説集

信託財産の分別管理(しんたくざいさんのぶんべつかんり)
分類:制度・法律

投資信託の受託者たる受託銀行(主に信託銀行)は、普通銀行と同様に預金の受入れをしているが、信託財産はそうした預金とは全く別勘定として分けて管理されている。

契約型投資信託は、運用会社・受託銀行・販売会社の3者によって構成されているが、その3者のいずれかが仮に倒産しても、投資家の資産が守られるように、法的な仕組みは整っている。資産の保全ということを考えた場合、契約型投資信託は、安心して投資できる商品である。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。