証券用語解説集

底をつく(そこをつく)
分類:相場・格言・由来

株式などの取引で、相場が下げるだけ下げ、もうこれ以上下がらないときに使われる。相場が底値圏まで下がりきった状態のことを指す。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。