証券用語解説集

相続開始(そうぞくかいし)
分類:相続

被相続人の死亡により相続が始まること。人が死亡した時点で相続が開始し、財産は法定相続人に自動的に引き継がれる。法制度上、相続が発生した後に遺産分割や名義変更などの手続きが開始されることになる。また、人の生死が不明な状態が長く続いた場合(普通失踪の場合、消息を絶ってから7年間)、配偶者や相続人などの利害関係人が家庭裁判所に失踪宣告を申し立て、認められればその人は死亡したものと見なされ、相続が開始される。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。