証券用語解説集

相続欠格(そうぞくけっかく)
分類:相続

本来ならば相続人となる者が、民法で挙げられている事由(被相続人を殺害したり、遺言書の偽造、変造、隠匿をしたり、詐欺・強迫により遺言者に遺言させたような場合など)によって相続資格を失うことをいう。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。