証券用語解説集

スローストキャスティクス(すろーすときゃすてぃくす)
分類:分析・指標

英語表記はSlow Stochastics。価格の振幅や値幅などから相場の過熱感を測る指標「ストキャスティクス」の一種。

現在の価格位置の相対的水準を示す「%Kライン」のn日の移動平均を示す「%Dライン」と、「%Dライン」のY日の移動平均を示す「SDライン」を利用する。

<計算式>
%D = A÷B×100
      A=(当日終値 - 過去n日間の最安値)のY日間合計
    B=(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)のY日間合計
       nは通常5や9、Yは通常3を使用することが多い

SD= %DのY日間平均
       Yは通常3を使用することが多い

%Dが80%以上の買われすぎ圏でSDを上から下へクロス(デッドクロス)して下がり始めたら売りサイン、%Dが20%以下の売られすぎ圏でSDを下から上へクロス(ゴールデンクロス)して上がり始めたら買いサインとなる。

一般的には、相場の動きに対する感応度がより高い「ファストストキャスティクス」よりも、値動きがスムージング化された「スローストキャスティクス」を用いることが多い。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。