証券用語解説集

立会外分売(たちあいがいぶんばい)
分類:証券市場

金融商品取引所の取引時間外(=立会外)で、ある株主からの大量の売り注文を小口に分けて、不特定多数に売り出す売買方法のこと。上場会社の株式分布状況の改善や個人株主の増加を目的として利用されている。立会外分売での購入は手数料がかからないうえ、前営業日の終値よりも安く購入できる場合がある。

具体的には、証券会社が、創業者・金融機関など特定の株主などから分売により執行することを条件とする大量の売り注文を受託する。分売を執行する場合、金融商品取引所にあらかじめ届出を行ったうえ、売買立会終了後に分売の条件を発表し、翌朝に買付けの申込みを受け、金融商品取引所の立会時間開始前に売買を成立させることとなる。なお分売は届出日(分売実施日の前営業日)の最終値段を基準にした固定値段で行われる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。