• B!ブックマーク

投資型年金保険|証券用語解説集

読み:とうしがたねんきんほけん
分類:年金・保険

運用実績に応じて将来の年金額が変動する保険商品のことを投資型年金保険という。保険料は特別勘定で運用される。特別勘定は複数本用意されており、投資信託が特別勘定の主な投資対象として選定されている。運用期間中は、複数の特別勘定間で任意に運用実績に相当する積立金を移転することが可能である。
運用期間中、被保険者に万一のことがあった場合、死亡時の積立金額が死亡給付金として支払われるが、積立金額が払込保険料を下回る場合でも、払込保険料を最低保証しているケースが一般的である。
運用期間終了後は、年金または、一括での受取になるが、年金での受取時は、確定年金・終身年金など多様な年金受取方法を選択することができる。保険金の支払いはまとまった金額を一時払いする商品が多く、運用期間中は課税繰り延べ効果など税制面でのメリットがあるのも特徴的である。

  • みらいのお金をシミュレーション みらい電卓
  • 新しいNISA、始動。
  • 投信積立キャッシュバックキャンペーン
  • 株主優待で賢く 株式投資
  • 資産づくりをはじめる 野村だからこそ、安心して踏み出せる一歩

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン