証券用語解説集

当座比率(とうざひりつ)

分類:財務分析

企業の短期的な債務支払い能力を分析・判断するときに用いられる指標のひとつ。下記の計算式で計算できる。

当座比率(%) = 当座資産 ÷ 流動負債 × 100

短期のうちに返済・支払期限が到来する流動負債に対して現金および預金、売掛金、受取手形、市場で売却可能な有価証券などの当座資産がどれくらいあるかをその割合で示す指標である。

同じく企業の短期的な負債への支払い能力をみる指標として、流動資産を流動負債で割った「流動比率」があるが、流動資産には不良在庫(棚卸資産)が含まれていることがあるため、「当座比率」のほうが、より厳密に企業の財務体質の安全性を判断することができる。一般的に当座比率100%以上が望ましいとされる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。