証券用語解説集

(預金)歩留まり率(よきんふどまりりつ)
分類:分析・指標

銀行の貸出金残高に対する預金残高の割合のこと。「預金÷貸出金(預金+現金)×100(%)」から求められる。一方、貸出金残高に対する現金の割合を「現金・預金比率」と呼ぶ。

マネーストックがマネタリーベースの何倍にあたるかを算出する「信用乗数(貨幣乗数)」は、預金歩留まり率と法定準備率からも計算することができる。「預金歩留まり率」が大きいほど預金の金額が大きくなるため「信用乗数」は大きく、「預金歩留まり率」が小さいほど預金金額が小さくなるため「信用乗数」は小さくなる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。