保険 - 保険取扱商品一覧 -

本・支店のみの取り扱いです。
野村ネット&コールでの取り扱いはありません。

保険取扱商品一覧

養老保険

PGF養老保険<米ドル建・平準払・年金受取型>

被保険者加入年齢

  • 0歳以上70歳以下

運用

一般勘定運用

米ドル建

主な特徴

  • 外貨(米ドル)の積立により、将来の資産形成ができる
  • 死亡保険金を低く抑えることによって満期保険金をより高く設定
  • 満期保険金は年金または一時金での受け取りが可能
  • 保険料払込方法は「月払」「半年払」「年払」から選択

年金保険

マスミューチュアル定額年金<外貨建・円積立型>

被保険者加入年齢

  • 0歳以上70歳以下

運用

一般勘定運用

米ドル建・豪ドル建より選択

主な特徴

  • 外貨(米ドル建・豪ドル建より選択)での積立により、将来の資産形成ができる
  • 保険料は円定額で払い込み、外貨に換算し運用
  • 保険料払込方法は「月払」「年払」から選択
  • 年金受取開始時に、一時金受取または年金受取を選択
  • 年金は外貨での受け取りだけでなく円での受け取りも可能

マスミューチュアル定額年金

被保険者加入年齢

  • 0歳以上89歳以下

運用

固定利率・複利運用

主な特徴

  • 据置期間は0~10年(年単位)、最長90歳まで
  • 最短で、契約日の2ヶ月後から年金を受け取ることも可能
  • 将来の年金額が契約時に確定

第一フロンティア投資型年金(外貨建・ターゲット型)

被保険者加入年齢

  • 0歳以上85歳以下

運用

定額部分と変額部分の2階建運用

定額部分:運用期間満了時に外貨建で100%保証または110%保証

変額部分:日経平均株価に連動する特別勘定で運用

主な特徴

  • 運用期間は10年または5年
  • 定額部分+変額部分は外貨建で運用するため、為替の恩恵を享受
  • 基本保険金額(一時払保険料)の円換算額に対して円換算の目標値を指定可能
  • 目標値は105%、110%~200%(10%刻み)から選択
    (目標値は契約後の指定・変更も可能)
  • 解約返還金額の円換算額が目標値に到達すると自動的に定額の円貨建終身保険に移行
    (終身保険にかえて一括受取や年金受取も可能)

被保険者加入年齢

  • 年金総額保証付終身年金:0歳以上89歳以下
  • 確定年金:0歳以上89歳以下

運用

固定利率・複利運用
米ドル建・豪ドル建より選択

主な特徴

  • 年金総額保証付終身年金の保証金額割合は「100%・110%・120%」より選択
  • 年金総額保証付終身年金の据置期間は「0・5・10・15・20年」より選択
  • 確定年金の据置期間は「1・5・10年」より選択
  • 年金は米ドル、豪ドルでの受け取りだけでなく円での受け取りも可能
  • 年金の受取回数は年1回・2回・4回・6回・12回払より選択
  • 年金受取期間中に年金受取人が亡くなられた場合、継続年金受取人が以後の年金を受け取ることができる

マニュライフ定額年金<外貨建・介護保障型>

被保険者加入年齢

  • 55歳以上80歳以下

運用

固定利率・複利運用

米ドル建・豪ドル建より選択

主な特徴

  • 外貨金利で運用しながら年金を受け取ることができる
  • 契約後10年間の運用(介護保障)期間中に所定の要介護となった場合、一生涯の年金が開始
  • 介護年金・年金を継続年金受取人に引き継ぐことができる

終身保険

第一フロンティア終身保険(円建/外貨建・無告知型)

被保険者加入年齢

  • 40歳以上90歳以下

運用

通貨・積立利率保証期間ごとの固定利率運用

3つの通貨から選択 米ドル建・豪ドル建・円建

主な特徴

  • 一生涯にわたる死亡保障
  • 2年経過後にふやしてのこすことが可能
  • 無告知で加入できる

PGF終身保険<円建・平準払>

被保険者加入年齢

  • 0歳以上65歳以下

運用

一般勘定運用

主な特徴

  • 一生涯にわたる死亡保障
  • 契約当初から払込保険料額を上回る死亡保障を確保
    (年齢等によっては払込保険料累計額が死亡保障金額を上回る場合あり)
  • 保険料払込方法は「月払」「半年払」「年払」から選択が可能

第一フロンティア終身保険(円建・定期受取型)

被保険者加入年齢

  • 0歳以上87歳以下

運用

積立利率保証期間ごとの固定利率運用

主な特徴

  • 一生涯にわたる死亡保障(一時払保険料相当額を最低保証)
  • 被保険者がご存命の限り、毎年決まった時期に定期支払金を受け取り。

マスミューチュアル定額終身保険

被保険者加入年齢

  • 70歳以上90歳以下

運用

固定利率・複利運用

主な特徴

  • 一生涯にわたる死亡保障(一時払保険料相当額を最低保証)
  • 死亡保障は固定利率で着実に増加

三井住友プライマリー投資型終身保険(ターゲット型)

被保険者加入年齢

  • 15歳以上80歳以下

運用

特別勘定(ファンド)で運用
(マーケット環境に応じて投資比率や配分割合を自動的に見直す特別勘定で運用)

主な特徴

  • 特別勘定で運用することでインフレヘッジを期待
  • 一時払保険料(基本保険金額)を100%とした場合の運用の目標値(%)を設定可能
  • 目標値は110%、120%、130%から選択(設定しないことも可能)
  • 契約日より1年経過以後の特別勘定での運用期間中に積立金額が目標達成すると自動的に一般勘定での運用へ移行

マニュライフ終身保険

被保険者加入年齢

  • 60歳以上87歳以下

運用

固定利率・複利運用

3つの通貨から選択 円建・米ドル建・豪ドル建

主な特徴

  • ご契約当初から一生涯にわたって、一時払保険料よりも高い死亡保障を確保
  • 一時払保険料あたりの死亡保障は、年齢・性別・積立利率によって決定

PGF終身保険<米ドル建・平準払・介護保障型>

被保険者加入年齢

  • 0歳以上75歳以下(介護保険金特則を付加した場合は6歳以上75歳以下)

運用

一般勘定運用

米ドル建

主な特徴

  • 一生涯にわたる死亡保障と介護保障
  • 契約当初から払込保険料額を上回る死亡保障を確保
    (年齢等によっては払込保険料累計額が死亡保障金額を上回る場合あり)
  • 外貨(米ドル)の積立により、将来の資産形成ができる
  • 保険料払込方法は「月払」「半年払」「年払」から選択

マスミューチュアル終身保険<外貨建・無告知型>

被保険者加入年齢

  • 50歳以上87歳以下

運用

固定利率・複利運用
米ドル建・豪ドル建より選択

米ドル建は25年ごと、豪ドル建は20年ごとに予定利率を見直し
(米ドル建は71歳以上、豪ドル建は81歳以上で終身一定)

主な特徴

  • 5年経過後にふやして残すことが可能
  • 無告知で加入できる

第一フロンティア終身保険(外貨建・定期受取型)

被保険者加入年齢

  • 0歳以上85歳以下

運用

積立利率保証期間ごとの固定利率運用

3つの通貨から選択 米ドル建・ユーロ建・豪ドル建

主な特徴

  • 一生涯にわたる死亡保障(一時払保険料相当額を最低保証)
  • 被保険者がご存命の限り、毎年決まった時期に定期支払金を受け取り。
  • 定期支払金は指定通貨でも円貨でも受け取り可能。

三井住友プライマリー外貨建定額終身保険

被保険者加入年齢

  • 0歳以上87歳以下

運用

固定利率・複利運用(所定の期間ごとに積立利率見直し)

3つの通貨から選択 米ドル建・ユーロ建・豪ドル建

主な特徴

  • 一生涯にわたる死亡保障(契約通貨ベースで一時払保険料相当額を最低保証)
  • 基本保険金額の円換算額に対して目標値を自由に設定可能(目標値は105%~200%の範囲で設定・設定しないことも可能)
  • 解約払戻金の円換算額が目標達成すると自動的に円建の終身保障へ移行

定期保険

エヌエヌ定期保険(無解約返戻金型)

被保険者加入年齢

  • 15歳以上75歳以下

運用

一般勘定運用

主な特徴

  • 無解約返戻金型の抑制された保険料で効率的に保障を確保
  • 必要な期間だけ保障を確保する事が可能

年金保険・終身保険・養老保険の手数料等およびリスクについて

年金保険・終身保険・養老保険へのご投資の際には、各商品に所定の費用等(契約時にご負担いただく費用、運用期間中にご負担いただく費用等の合計額)があります。契約日から一定期間内の解約時には解約控除が発生する場合があります。投資型年金保険・投資型終身保険は、国内外の株式、債券等に投資され、それらの価格が変動する等のリスクがあり、定額年金保険・終身保険・養老保険は、商品によっては、市場金利の変動に応じた市場価格調整が適用され、また、外貨建商品の場合には為替リスクがあり、いずれも損失が生じるおそれがあります。年金保険・終身保険・養老保険は、商品により最低保証がなく、お受取になる年金、解約返戻金等の受取総額が一時払保険料を下回る場合があります(終身保険は、契約者・被保険者が同一の場合、契約者が年金を受取る取扱いは原則としてありません)。詳細は、当該商品の「特に重要なお知らせ(契約概要・注意喚起情報)」をご覧ください。

Adobe Reader ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロード新しいウィンドウで開きます