5分でわかるはじめての債券入門

5分でわかるはじめての債券入門

債券投資のはじめ方や利益を得るしくみなど債券投資の基礎知識をご紹介します。

債券とは

債券は、国、地方公共団体、企業、または外国の政府や企業などが一時的に、広く一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行するものです。資金調達するために発行するという点では、株式と目的は同じですが、あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される点がちがいます。債券を購入すると、定期的に利率分の利子を受け取ることができます。そして、満期日を迎えると、額面金額である償還金を受け取ることができます。

図1

拡大する

このように債券は、満期日に額面金額が返金されることが約束されていますので、安全性の高い金融商品です。よって利子収入を目的に資産運用をすることができます。

図2

拡大する

また2年~10年といったようにあらかじめ決められた満期日までまつことなく、マーケットで売買することも可能です。マーケットにおける債券の価格は、日々変動しています。途中売却することにより、利子収入以外に、購入価格と償還金との差額金を得ることができることもあります。

債券には、さまざまな種類があります。国が発行する国債、地方自治体が発行する地方債、企業が発行する社債、社債を株式に転換できる権利がついているCB、外国の自治体もしくは、外国の通貨、海外の市場のいずれかで発行する外国債券などがあります。債券は、証券会社を通じて購入することができます。

債券購入時のポイント

利回り

債券を購入する際のポイントとして、利回りがあります。債券の場合、利子に、額面金額と購入価格の差額を加えたものが収益になります。この収益を1年当たりの金額に換算し、購入価格(投資元本)で割ったものを利回りといいます。債券は、利率ではなく、利回りをみて投資判断をすることが大事です。

例:5年満期の利率2%の額面金額100万円の債券を98万円で購入し、5年後に満期を迎えた場合

図3

拡大する

利回りの計算式に当てはめると…

図4

拡大する

債券の種類や所有期間に応じて、以下のようになります。

図5

拡大する

債券投資のメリット

債券投資をすることで、次の3つのメリットがあげられます。

メリット1 収益性

債券は、満期日まで一定の金利分の利子を支払うことを約束する証券です。通常、金利変動に関係なく利子を受け取ることができます。このことをインカムゲインといいます。

例:5年満期の利率2%の額面金額100万円の債券を98万円で購入し、5年後に満期を迎えた場合

図7

拡大する

[利子収入]
2万円
×5年
[償還差益]
額面金額100万円
-投資金額98万円
[収益]
12万円

債券は、利子以外に償還差益などの収益や流通市場での途中売却による収益を得ることができることもあります。このことをキャピタルゲインといいます。例えば、98万円で購入した額面金額100万円の債券を保有していたとします。満期日を迎えると、償還金を受け取ることができます。購入時は98万円を支払っていますので、2万円の利益を得ることができます。このことを償還差益といいます。(101万円で購入した額面金額100万円の債券を保有していた場合は、1万円損をしてしまうことになりますので、償還差損といいます。)

このように債券は、確実な利子収入や償還時においての収益や売却においての投資収益などを得られる可能性がある金融商品です。

メリット2 安全性

債券は、満期日までの間に債券の価格が変動しても、満期日を迎えると額面金額が償還されます。また、発行者が償還や利子の支払いが確実に行われるように、債券発行においてさまざまな規定が設けられており、債券の償還の安全性を高めています。しかし、発行者が倒産などで元本の返済および利払いができなくなる場合もあり、債券自体の安全性が問われる場合もあります。

図8

そのために、発行者の信用度をはかるものとして格付けがあります。 専門機関が安全性を評価し分析したものですので、債券を購入する際に、債券の格付けを知ることで信用度を図ることができます。安全性の高い債券の場合、投資家の人気が集まりますので、利率や利回りが低く設定されたりします。

メリット3 流動性

債券は、満期日をまたないで、途中で売却し換金することができます。ただし債券を売却するときの債券価格は、流通市場の状況により変動していきます。つまりそのときの金利情勢や債券の需給動向によって債券価格は上下していきます。そして債券は、売却する際に、その債券を購入したいという投資家の存在が不可欠です。一般に、信用力や知名度が高く、発行量が多く、たくさんの投資家に保有されている債券ほど流動性が高くなっています。

図9

拡大する

今すぐ!口座開設(無料)

<口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください>


 平日 8:4020:00 
 土日 9:0017:00 
(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えないようご注意ください。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら

債券の手数料等およびリスクについて

債券を募集・売出し等その他、当社との相対取引によってご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。債券の価格は市場の金利水準の変化に対応して変動しますので、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。加えて、外貨建て債券は、為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。