ニューノーマル時代に選ぶべき優待銘柄は?株主優待で賢く株式投資 ニューノーマル時代に選ぶべき優待銘柄は?株主優待で賢く株式投資

株式投資というと、「安く買って高く売る」ことで得られる売却益に目が行きがちですが、株式投資においても、債券の利子などのように、「保有すること」で得られるメリットもあります。
資産を保有することで得られるメリットのひとつに「株主優待」があります。

株主優待とは

株主優待とは、企業が一定数以上の株式を保有する株主にむけて、自社製品やサービスなどをプレゼントする制度です。「いつも当社を応援してくれてありがとう」といった、企業からの"感謝のしるし"とお考えになれば分かりやすいでしょう。
優待内容はその企業が取り扱っている自社製品や飲食料品、商品券、割引サービスなど企業によってさまざまです。

図:株主優待の例

株主優待銘柄の探し方

「株主優待検索」から探す

食品や金券などの優待品のジャンル、権利確定月や最低必要金額など、さまざまな切り口で株主優待銘柄を探すことができます。

人気ランキングから探す

  • 毎月第2営業日目に更新します。
  • このランキングは、野村證券ホームページ、オンラインサービスに掲載の株主優待の月間閲覧数をもとに算出しています。
  • 最低必要金額は、必要株数×前日の株価をもとに算出しています。株価は21:00頃更新します。

株主優待を受けるには?

株主優待を受けるためには、各企業が定めている株数を、「割当基準日(権利確定日)」までに保有している必要があり、そのためには、割当基準日を含む3営業日前(割当最終日)までに株式を購入しなければなりません。

例えば割当基準日が31日(火)の場合…株主優待を受けるためには、27日(金)までに株式を購入する必要があります。
  • 土日祝日は除きます。
  • 銘柄によっては、株主優待の割当基準日と株主の権利確定日が異なる場合があります。
  • 割当基準日(権利確定日)は会社によって異なります。株式を購入する前にご確認ください。
  • 立会時間内に約定する必要があります。

銘柄探しのヒント配当利回りに注目した銘柄の選び方

株主優待と同様に、株式を「保有すること」で得られるメリットに、「配当金」も挙げられます。配当金とは、企業が利益を上げると株主にその一部または全部を分配することです。
配当金に着目した銘柄の探し方や受取方法をご紹介します。

配当利回り

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン

お問い合わせ先

誠にご迷惑をおかけいたしますが、当面の間、本ダイヤルの平日の営業時間を17:10までに短縮させていただきます。

総合ダイヤル

0570-077-000

【利用できない場合】042-303-8100(注)

平日 8:40~19:00土日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)【ご注文およびそのご確認の受付時間】平日 8:40~17:10

  • 平日17:10以降および土日は、お問い合わせ内容によっては一部お答えできない場合があります。
  • ご利用の際には、電話番号をお間違えのないようご注意ください。
  • ナビダイヤルは通話料が発生します。(固定電話:3分9.35円(税込)/ 携帯電話:20秒11円(税込))
  • 携帯電話料金プランの無料通話等を適用させる場合はこの番号をご利用ください。
【ご留意事項】
  • 銘柄により株主優待を実施していない場合があります。
  • 株主優待の内容は常に一定ではありません。業績や会社の判断によって優待内容が変更もしくは優待そのものが廃止になることがあります。
  • ご投資に際しては、株主優待以外の要素についてもご確認の上、ご自身でご判断ください。