株主優待を受ける

株主になると、株主優待を受け取ることができますが、すべての上場会社が実施しているわけではありません。 株主優待を実施しているかどうかを必ずご確認ください。また、株主優待を受ける条件や受領までの流れなども事前にご確認ください。

株主優待を受けるまでの流れ

ステップ 1

株式のご購入

株式のご購入

野村の本・支店または野村ネット&コール口座を開設し、お目当ての上場会社の株式を注文する。

ステップ 2

株主になる

株主になる

株主優待の権利を受けるためには、一定の期日までに株主になる必要がある(注)。

ステップ 3

株主優待が届く

株主優待が届く

数ヵ月後に株主優待が届く。届く時期は上場会社ごとに異なる。

  • (注)株主になるための条件について、詳しくは以下の株主優待を受ける条件をご確認ください。

株主優待を受ける条件

株主優待を受け取るには以下の2点を満たす必要があります。

【1】企業が定める株数を保有していなくてはならない
単元未満株(まめ株)は、株主優待の対象外となる場合がほとんどですので注意が必要です。対象となる上場会社の規定をご確認ください。
【2】「割当基準日(権利確定日)」までに株主になっていなくてはならない
割当基準日(権利確定日)から起算して4営業日前までに株式を購入すると、株主優待を受けることができます。

「割当最終日(権利付き最終日)」までに株式を購入する

割当基準日(権利確定日)と割当最終日(権利付き最終日)の例

  1. (注1)立会時間内に約定しなくてはなりません。
  2. (注2)割当基準日(権利確定日)は上場会社によって異なりますので、株式を購入する前に必ずご確認ください。
  • 上場会社によっては株主優待の割当基準日と権利確定日が異なる場合があります。

株主優待銘柄を探す

「優待ジャンル」、「権利確定月」、「予算」、「人気ランキング」など、さまざまな切り口で株主優待銘柄を探すことができます。

銘柄選びの際の注意点

株主優待を目的とした株式投資をする際には、下記の点にご注意ください。

  • 将来にわたり株主優待の内容や実施の継続等が約束されているわけではありません。優待制度の内容の変更・維持・廃止は株主総会の決議で決定されるのではなく、経営者の意思で決定されるため、優待内容の変更や株主優待そのものが廃止される可能性もあります。
  • 上場会社の業績や財務内容が悪くなれば株価は値下がりし、配当が減ったりなくなったりする可能性もあります。そのため、株主優待はもらえても、株価が大きく値下がりして含み損を抱えてしまう可能性もあります。
  • 株主優待の内容だけで判断するのではなく、必ずお客様ご自身で企業の経営状況や財務内容などもよくご確認のうえ、ご判断ください。

今すぐ!口座開設(無料)

<口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください>


 平日 8:4020:00 
 土日 9:0017:00 
(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えないようご注意ください。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら

株式の手数料等およびリスクについて

国内株式(国内REIT、国内ETF、国内ETN、国内インフラファンドを含む)の売買取引には、約定代金に対し最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は2,808円(税込み))の売買手数料をいただきます。国内株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。
国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
外国株式(外国ETF、外国預託証券を含む)の売買取引には、売買金額(現地約定金額に現地手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対し最大1.026%(税込み)(売買代金が75万円以下の場合は最大7,668円(税込み))の国内売買手数料をいただきます。外国の金融商品市場での現地手数料や税金等は国や地域により異なります。外国株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。外国株式は株価の変動および為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。