野村のラップ口座

本・支店のみの取り扱いです。
野村ネット&コールでの取り扱いはありません。
野村ファンドラップ/野村SMA お客様のお考えのもと、お客様にかわって、資産運用をする投資一任サービス。

拡大する

忙しくて、なかなか資産運用の時間をとれない。

退職金、どう運用すれば良いかわからない。

まとまったお金が入ってきたけど、運用に自信がない。

金融のプロフェッショナルに任せられる。

資産運用に関するお考えをご一緒に相談しながら、お客様一人一人にあわせた「より適切な資産配分」に沿った運用を継続的に行います。

それが、野村のラップ口座。
「野村ファンドラップ」「野村SMA(エグゼクティブ・ラップ)」

ラップ口座の仕組み(プロに任せる、とは?)

野村のラップ口座では、投資一任契約(注)にもとづいて、資産運用に関する投資対象の選定、実際の売買、定期的な報告等をまとめてご提供します。

  • (注)投資一任契約とは、お客様が投資一任運用会社としての野村證券に、有価証券の投資判断の全部を一任し、この投資判断にもとづいてお客様にかわって投資するために必要な権限を当社に委任する契約です。

イメージ図

拡大する

2つのラップ口座(野村ファンドラップ/野村SMA)

野村ファンドラップ

お客様のお考えをもとに、お客様にかわり、資産運用をする投資一任サービスです。

アクティブファンドに投資する「プレミア」とインデックスファンドに投資する「バリュー」、2つのプログラムをご用意

(契約金額)
バリュー・プログラムは500万円より
プレミア・プログラムは1,000万円より

野村SMA(エグゼクティブ・ラップ)

もっと豊かな明日のために、
<野村>のすべてを活かしたい。

お客様一人一人の投資方針や目的などをお伺いし、投資目標を共有した上で、幅広い分野の専用投資信託をご提供

(契約金額)
5,000万円より

サービスの流れ

資産運用に関するお考えをご一緒に相談しながら、お客様一人一人にあわせた「より適切な資産配分」に沿った運用を継続的に行います。

1.PLAN お客様一人一人にあわせた資産配分をご提案します。・ヒアリング・投資提案書のご提示 2.DO ルールを決めて、見直しを行います。・目標の資産配分比率への調整(リバランス) 3.SEE お客様ごとに個別の運用報告をします。

拡大する

野村證券の口座をお持ちの方も、お持ちでない方も。

まずは、お近くのお店で無料相談来店予約

お近くの支店を探す

支店検索

野村ファンドラップのリスクと料金

本サービスの料金は、投資一任受任料とファンドラップ手数料の合計額となります。投資一任受任料は固定報酬制と実績報酬併用制があり、固定報酬制では最大で運用資産の0.4104%(税込み・年率)、実績報酬併用制では最大で運用資産の0.2052%(税込み・年率)+運用益の積み上げ額の10.8%(税込み)となります。ファンドラップ手数料は最大で運用資産の1.296%(税込み・年率)となります。このほかに投資信託では運用管理費用(信託報酬) (最大で信託財産の1.35%±0.70%(概算)(税込み・年率))、信託財産留保額(最大で信託財産の0.5%)、その他費用をご負担いただきます。その他費用は運用状況等により変動するため、事前に上限額等を示すことができません。また、投資一任契約に基づく投資信託への投資は、投資信託の基準価額等が変動しますので損失が生じるおそれがあります。詳しくは、お客様向け資料、契約締結前交付書面及び目論見書をよくお読みください。

野村SMAのリスクと料金

本サービスの料金は、投資一任受任料とSMA手数料の合計額となります。投資一任受任料・SMA手数料の料率は資産クラスごとにあらかじめ定められております。投資一任受任料は最大で運用資産の0.108%(税込み・年率)、SMA手数料は最大で運用資産の1.512%(税込み・年率)となります。このほかに投資信託では運用管理費用(信託報酬)(最大で信託財産の4.00%(概算)(税込み・年率))、信託財産留保額(最大で信託財産の0.5%)、その他費用をご負担いただきます。その他費用は運用状況等により変動するため、事前に上限額等を示すことができません。また、投資一任契約に基づく投資信託への投資は、投資信託の基準価額等が変動しますので損失が生じるおそれがあります。詳しくは、お客様向け資料、契約締結前交付書面及び目論見書をよくお読みください。
なお、上記の投資一任受任料、SMA手数料等は、あくまで最大の料率を表示しておりますので、お客様のご負担になる実際の料率に関しましては、お客様が採用されるプランに係る投資提案書等をご参照ください。