株式・投資信託移管手数料返金サービス

時価合計額が500万円以上の上場株式・投資信託等を当社に移管いただいた際の移管手数料を全額お返しするサービスです。

500万円以上(注1)の上場株式・投資信託等の移管

  1. (注1)評価基準については、サービスの適用条件をご確認ください。

拡大する

  1. (注2)野村ネット&コール口座では、例1、例2の場合のみ適用となります。

対象となるお客様

当社に口座をお持ちの個人、法人のお客様(移管先が野村ネット&コール口座も対象です。)

サービスの適用条件

移管する証券が、以下のいずれかであること

  • 国内の取引所に上場する株式 (注1)
  • 上場国内CB
  • 外国の取引所に上場する株式 (注2)(注3)
  • 当社取扱いの国内籍公募投資信託 (注4)(MRF除く)
  1. (注1)ETF、REIT、ETN等を含む。ただし、東証上場外国投資証券(ETC)は対象外。
  2. (注2)ETFを含む、当社取扱銘柄。ただし、当社での売買禁止銘柄および買い禁止銘柄は対象外。
  3. (注3)海外会社からの移管・輸入、外貨建て手数料は対象外。
  4. (注4)詳しくはお取引店までお問い合わせください。

移管する証券の合計額が、以下の評価基準で500万円以上であること

  1. 国内の取引所に上場する株式および上場国内CBの場合
    移管依頼日の終値、または当社入庫日の前営業日の終値
  2. 外国の取引所に上場する株式の場合
    (移管依頼日の終値、または当社入庫日の前営業日の終値)×(時価評価日における建通貨の為替レート(注))
    • (注)野村證券が定める為替レートが適用されます。
  3. 当社取扱いの国内籍公募投資信託の場合
    移管依頼日の基準価額、または当社入庫日の前営業日の基準価額

最初の移管依頼日から3ヶ月以内のご請求であること

原則、移管元と移管先当社口座の名義人が一致していること

複数口座から移管する証券を合算する場合、移管先口座は、同一の本・支店(野村ネット&コールを含む)にあること

ご親族が移管する証券を合算する場合、対象は、本人、配偶者、2親等以内の親族であり、移管先の口座が同一の本・支店(野村ネット&コールを除く)にあること

移管元会社が日本国内の会社であり、お客様が支払われた手数料が円貨であること

当社入庫日の過去3ヶ月間に、当社から他社へ同銘柄の移管を行っていないこと(注)

  • (注)該当する銘柄は数量を問わず対象外です。

お手続きの流れ

ステップ 1

移管のお手続き


移管元金融機関で、証券移管手続きを行ってください。

ステップ 2

返金の申請


必要書類のコピーを移管依頼日から3ヶ月以内(注)に野村證券のお取引店までご提出ください。

  • (注)複数移管がある場合は最初の移管依頼日から3ヶ月以内

書類を確認後、「移管手数料」相当額を全額(注)、当社のお客様口座に入金いたします。
(注)消費税相当額分も含みます

必要書類

移管手続きの際に、移管元金融機関から次の必要書類をお受取りください。

下記の項目が確認できる「移管依頼書」や「領収書」「計算書」等が必要となります。

  • 移管依頼書等+領収書、計算書等
  • 移管依頼日
  • 移管証券の銘柄・数量
  • 移管に係る手数料額
  • 移管口座の名義
  • 移管元会社名
  • 移管先会社名が野村證券であること

今すぐ!口座開設(無料)

<口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください>


 平日 8:4020:00 
 土日 9:0017:00 
(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えないようご注意ください。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

手数料等およびリスクについて

証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄毎に10,800円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。有価証券や金銭のお預かりについては料金をいただきません。