野村ファンドラップ - 選択可能な2つのプログラム -

本・支店のみの取り扱いです。
野村ネット&コールでの取り扱いはありません。

野村ファンドラップには、2つのプログラムがあります。アクティブ運用ファンドを複数組合せて分散投資するプレミア・プログラム。インデックス運用ファンドを複数組合せて分散投資するバリュー・プログラム。お客様の現状、投資の目的、運用のお考えをお伺いし、お客様にふさわしい運用方法をご提案します。

1,000万円から
プラスアルファの運用を目指す
プレミア・プログラム
投資対象資産
  • 国内株式
  • 国内債券
  • 外国株式
  • 外国債券
  • REITおよびオルタナティブ
為替ヘッジ ※
あり/なし
投資対象となる投資信託

〔アクティブ運用(注1)〕専用投資信託

市場指数を上回る収益を目指す運用

  1. (注1)ベンチマークとなる市場インデックス(日経平均株価やTOPIXなど)に対して、相対的に高いパフォーマンスを出すことを目的に、インデックスとは異なるポートフォリオを構築する運用。
500万円から
コスト効率を考えマーケットの動きをとらえる
バリュー・プログラム
投資対象資産
  • 国内株式
  • 国内債券
  • 外国株式
  • 外国債券
  • REIT
為替ヘッジ ※
なし
投資対象となる投資信託

〔インデックス運用(注2)〕専用投資信託

市場指数と同等の収益を目指す運用

  1. (注2)日経平均株価やTOPIXといった指標の動きに連動する運用成果を目標とする運用。
  • 為替ヘッジとは、為替変動リスクを軽減する手段です。

ヒアリングからご提案までの流れ

すでに目的や金額が決まっている投資資金について、最適な投資提案をします。

ヒアリング

投資資金の性格やリスクに対するお考えなどをお伺いします。

ヒアリング資料

拡大する

ご提案

リスクの水準を判定し、お客様にふさわしい運用方法をご提案します。

ご提案資料

拡大する

野村證券の口座をお持ちの方も、お持ちでない方も。

まずは、お近くのお店で無料相談来店予約

お近くの支店をお探しの方はこちら


こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら

野村ファンドラップのリスクと料金

本サービスの料金は、投資一任受任料とファンドラップ手数料の合計額となります。投資一任受任料は固定報酬制と実績報酬併用制があり、固定報酬制では最大で運用資産の0.4104%(税込み・年率)、実績報酬併用制では最大で運用資産の0.2052%(税込み・年率)+運用益の積み上げ額の10.8%(税込み)となります。ファンドラップ手数料は最大で運用資産の1.296%(税込み・年率)となります。このほかに投資信託では運用管理費用(信託報酬) (最大で信託財産の1.35%±0.70%(概算)(税込み・年率))、信託財産留保額(最大で信託財産の0.5%)、その他費用をご負担いただきます。その他費用は運用状況等により変動するため、事前に上限額等を示すことができません。また、投資一任契約に基づく投資信託への投資は、投資信託の基準価額等が変動しますので損失が生じるおそれがあります。詳しくは、お客様向け資料、契約締結前交付書面及び目論見書をよくお読みください。