外国株式ガイド

外国株式とは、海外の企業が発行する株式のことをいいます。
海外には、グローバルに展開する優良企業や、成長性の高い企業、日本企業以上に高い配当利回りが期待できる企業が数多くあり、株価の上昇も期待されます。野村證券は国内屈指の取り扱い銘柄数を誇り、数多くの銘柄から投資対象をお選びいただくことが可能です。
また、外国株式も特定口座で取引することができ(注)、他商品との損益通算が可能です。
お取引にあたっては、本・支店口座の場合は店頭で、野村ネット&コール口座の場合はお電話にてお取引ができます。

  • (注)包括特定口座を除く

外国株式の特徴

世界の優良企業に投資できます。

グローバルなブランドをもつ、世界の優良企業に投資することは、日本の国内株式への投資だけでは得ることができない醍醐味があります。主要産業の時価総額上位銘柄に投資することで世界の成長を享受することができます。

好配当企業や連続増配企業に投資できます。

世界の配当の高い企業や長期にわたり連続増配を行っている企業に投資することで、キャピタルゲインだけでなく、安定的にインカムゲインを得ることができます。

高成長のエマージング諸国に投資できます。

世界経済の牽引役として期待される新興国の企業へ投資することで、高い経済成長を享受することができます。

グローバル投資で分散投資ができます。

国内市場とは違った動きをする海外市場に投資し、複数の通貨で運用することで資産のリスクを分散することができるとともに、国内株式と異なるパフォーマンスを得ることができます。

今すぐ!口座開設(無料)

<口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください>


 平日 8:4020:00 
 土日 9:0017:00 
(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えないようご注意ください。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら

株式の手数料等およびリスクについて

国内株式(国内REIT、国内ETF、国内ETN、国内インフラファンドを含む)の売買取引には、約定代金に対し最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は2,808円(税込み))の売買手数料をいただきます。国内株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。
国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
外国株式(外国ETF、外国預託証券を含む)の売買取引には、売買金額(現地約定金額に現地手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対し最大1.026%(税込み)(売買代金が75万円以下の場合は最大7,668円(税込み))の国内売買手数料をいただきます。外国の金融商品市場での現地手数料や税金等は国や地域により異なります。外国株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。外国株式は株価の変動および為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。