野村の株式得とく登録(事前登録型株式等貸借取引)

お預けになった株式で、毎月「登録料」をお受け取りいただけます。

野村の株式得とく登録とは、野村證券に保護預りされている株式等について、「貸出登録」(注)をお手続きいただくだけで、毎月、野村證券から「登録料」がお受け取りになれるサービスです。

  • (注)「貸出登録」とは、お客様が野村證券への貸出し(野村證券の借入れ)を許諾する保有株式等の銘柄、数量およびコースをご登録いただくことです。

株式得とく登録とは

ご登録の際は「登録料優遇コース」と「優待受取コース」の2つのコースの中から銘柄・数量ごとにお選びいただけます。2つのコースに登録中の株式等のうち野村證券が提示した銘柄は、さらに「プレミアム得とくコース」にお申し込みいただけます。

図:野村の株式得とく登録 3つのコース

拡大する

「登録料優遇コース」・「優待受取コース」

登録された株式等は、いつでも返却のお申し込みおよび売却が行えます。

  • 「登録料優遇コース」は決算日等(権利確定日)に野村證券がお客様の株式を借入れる場合があります。野村證券が実際に借入れた期間内に決算日等(権利確定日)がある場合、配当金については配当金相当額(税引前100%)を野村證券がお支払いしますが、株主優待や株主向けの報告書等はお受け取りいただけません。また、株主総会の議決権もありません。
  • 「優待受取コース」は決算日等(権利確定日)に借入れないため、配当金や株主優待、株主向けの報告書等をお受け取りいただけます。ただし、貸出期間中は株式の名義・所有権が野村證券に移転しております。そのため、継続保有しているとはみなされない結果、継続保有に伴う長期保有特典等の株主優待を受けられない可能性がございますのでご注意ください。また、株主名簿上同一の株主番号を継続するために、単元株数(通常の最低売買単位)は登録せずに常に保護預り口座に残しておくことをおすすめしております。

「登録料優遇コース」は株主優待のない銘柄(配当金受け取りのみの銘柄)を保有の方に、「優待受取コース」は株主優待や報告書等を受け取りたい方におすすめです。ただし、「登録料優遇コース」の「配当金相当額」(総合課税)と「優待受取コース」の「配当金」(源泉徴収)では税金の取り扱いが異なりますのでご注意ください。

「プレミアム得とくコース」

プレミアム得とくコースによって野村證券が借入れた株式等は、所定の期日(貸借終了日)までは返却・売却ができません。「登録料優遇コース」または「優待受取コース」にご登録された株式のうち、野村證券が提示する銘柄にお申し込みいただけます。「プレミアム得とくコース」に申し込むタイミングを逃さないためにも、ぜひ「登録料優遇コース」・「優待受取コース」にご登録ください。

株式得とく登録の概要

登録料優遇コース 優待受取コース
(表下の<注意事項>を必ずお読みください。)
野村證券が借入れた期間内に決算日(権利確定日)がある場合 左記以外
登録できる銘柄

国内金融商品取引所に上場しており、かつ野村證券に保護預りされている株式等

  • 野村ホールディングス株式、日銀出資証券は対象外です。
登録できる数量 お客様が野村證券に保護預りされている数量の範囲内で、売買単位の株数でご登録いただけます(NISA口座で保有いただいている数量やローンや信用取引等の担保に入っている数量は除きます)。
配当金 配当金相当額(税引前100%)を野村證券がお支払いいたします。 発行会社から支払われます。
株主優待 受け取ることができません。(注) 受け取ることができます。
議決権 権利がありません。(注) 権利があります。
登録料 登録料:年率0.03% 登録料:年率0.02%
  1. (1)貸出登録されている銘柄の日々の時価評価額に対し、各コース登録料率を掛け合わせて日割計算いたします。
  2. (2)毎月末に当月分の日々の登録料を算出し、翌月10日にお客様の証券口座へご入金いたします。
売却・返却 返却・売却は、お取引店およびオンラインサービスから可能です。

<注意事項>継続保有に伴う長期保有特典等の株主優待を実施している銘柄について

「優待受取コース」では、決算日(権利確定日)までに株式をお客様に返還しますが、貸出期間中は株式の名義・所有権が野村證券に移転しております。そのため、継続保有しているとはみなされない結果、長期保有特典等の株主優待を受けられない可能性がございます。従いまして、そのような付随条件が付された株主優待の受け取りをご希望の場合には、必ずお客様ご自身で株主優待内容や必要株数をご確認の上、貸出登録するかどうかのご判断や返却・登録解除の指示をお客様ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

プレミアム得とくコース
申込できる銘柄 「登録料優遇コース」または「優待受取コース」(注)にご登録された株式等のうち、野村證券が提示する銘柄
申込できる数量 「登録料優遇コース」または「優待受取コース」にご登録済の数量をお申し込みいただけます。ただし、申込多数の銘柄については、抽選により野村證券が借入する数量を決定します。このため、お申込数量の一部または全部が登録できない(野村證券が借入れしない)場合があります。
配当金 配当金相当額(税引前100%)を野村證券がお支払いいたします。
株主優待 受け取ることができません。(注)
議決権 権利がありません。(注)
貸借料 野村證券が提示する条件の貸借料が支払われます。(登録料にかえて貸借料を受け取ることができます。)
  1. (1)貸出登録されている銘柄の日々の時価評価額に対し、貸借料率を掛け合わせて日割計算いたします。
  2. (2)毎月末に当月分の日々の貸借料を算出し、翌月10日にお客様の証券口座へ入金いたします。
売却・返却 「プレミアム得とくコース」によって野村證券が借入れた株式等は、貸借終了日までの間返却や売却はできません。
なお、貸借終了日以降は借入れ前の登録コースにて取り扱われ、引き続き野村證券が借入れる場合もございます。
  • (注)野村證券の借入期間が諸権利の確定日をまたぐ場合、お客様の名義は株主名簿に記載されないため、議決権や株主優待等の権利は受け取れませんのでご注意ください。

プレミアム得とくコースについての注意事項

「プレミアム得とくコース」は、登録申込手続き完了後の取消はできません。お申し込みの際にはオンラインサービスの登録申込画面に記載の「プレミアム得とくコースについての特約事項」 等をご理解の上、お手続きください。

ご留意事項

  • 株式等保有割合5%超の株主など、大量保有報告義務のある方は、野村證券の借入・返還に際して大量保有変更報告書の提出が必要となる場合があります。
  • 野村證券から支払われる「配当金相当額」につきましては、雑所得として総合課税の対象となります。特定口座(源泉徴収あり)の場合でも損益通算の対象外となります。確定申告が必要になる場合がありますので留意ください。
  • 登録料・貸借料は、雑所得となります。
  • 実際に野村證券が借入れる場合は、分別管理の対象外となります。
  • 株式得とく登録には、このほかにもご留意いただきたい事項がございます。お申し込みの際には、<事前登録型株式等貸借取引に関する留意事項>PDFを開くをよくお読みください。

お申込方法

オンラインサービス、またはお取引店でお申し込みください。

基本契約のお申し込み

はじめに、基本契約にお申し込みください。

オンラインサービス お取引店
メニュー「口座情報/手続き」>「サービス・契約情報照会/変更」の「各種サービス関連」画面、「各種サービス利用状況」より「事前登録型株式等貸借取引」の「申込」ボタンよりお手続きください。 「基本契約書」(2通)の必要事項をご記入、ご捺印の上、ご提出ください。
  • オンラインサービスなら、「基本契約書」のご記入は不要です。
  • 基本契約の締結は初回のみ行っていただきます。

「登録料優遇コース」・「優待受取コース」のお申し込み/銘柄登録

  • 契約締結可能時間は午前6時から翌日午前2時までです。
  • 登録可能時間は平日の午前7時30分から午後8時までです。
    平日の午後7時までに契約締結いただけますと、当日中の貸出登録が可能です。
  • お取引店へご指示いただく場合は、営業時間中にお取引店にお申し出ください。
オンラインサービス お取引店
メニュー「取引」>「株式得とく登録」>「登録申込・貸出状況照会」画面から、個別銘柄の「貸出登録」ボタンを押し、登録数量、ご希望の登録コースを選択してお申し込みください。 お電話または窓口で、ご希望のコース、銘柄、数量をお申し出ください。

プレミアム得とくコースのお申し込み/銘柄登録

  • お申し込み可能銘柄(「登録料優遇コース」と「優待受取コース」にご登録された株式等のうち、野村證券が提示した銘柄のみ)はオンラインサービスでご確認できます。
オンラインサービス お取引店
メニュー「取引」>「株式得とく登録」>「登録申込・貸出状況照会」画面より、対象銘柄の「プレ得申込」ボタンを押し、申込数量を入力の上、お申し込みください。 お電話または窓口で、ご希望のコース、銘柄、数量をお申し出ください。

Webで口座開設(野村ネット&コール)

口座開設新しいウィンドウで開きます

野村の株式得とく登録(事前登録型株式等貸借取引)の手数料およびリスクについて

事前登録型株式等貸借取引は、お客様の証券口座の株式等を野村證券が無担保で借入れる取引であり、野村證券の財政状態が悪化して破産等の事由が生じた場合、お客様が貸出した株式等または野村證券が支払うべき登録料および配当金相当額等の支払の全部または一部を受領できなくなるおそれがあります。
有価証券や金銭のお預かりについては、料金をいただきません。証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄ごとに、10,800円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。

Adobe Reader ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロード新しいウィンドウで開きます