積立投資

メインヴィジュアル

積立投資は、まとまった資金をタイミングをみて
一度に投資する手法の投資と異なり、
一定の金額を、時間をかけて継続して投資する手法です。

自動的に一定額を買い付けていく積立投資なら、忙しい方でも無理なく投資を続けることができ、いつでも手軽にスタートすることができます。できるだけ早くはじめて、長期間続けることが、資産形成の成功のカギになります。

積立投資の特徴

ポイント1
いつでもスタートできる

最初にまとまった資金がなくても、毎月の積立金額さえ決めてしまえば、いつでも手軽にはじめられます。

ポイント2
忙しくても大丈夫

自動的に買付けるので、忙しくて情報収集や取引にかける時間が少ない方でも、無理なく続けられます。

ポイント3
投資タイミングに悩まない、時間を味方につける投資 “時間分散のチカラ”

いつでもはじめられる積立投資なら、投資するタイミングの見極めや、相場の上げ下げに悩まされることがありません。
また、一定金額を毎月投資し続ける(ドルコスト平均法)ことで、次のようなメリットも期待できます。

ドルコスト平均法の威力
一括購入した場合と、一定期間ごとに定額購入した場合の違い

下図は、所持金20,000円を一括で投資した場合と、月々5,000円ずつ分散して投資した場合を例示していますが、結果的には時間分散した方がたくさん購入でき、一口あたりの値段も安く買えています。時間を分散させて積み立てることで、相場の動きを味方につけることができ、結果的に平均買付コストを低く抑えることが期待できるのです。

図:所持金20,000円を一括で投資した場合と月々5,000円ずつ投資した場合の比較

(出所)野村證券作成

  • 上記の例はあくまで試算であり、運用成果を示唆または保証するものではありません。1口あたりの購入単価の計算では、小数第一位を四捨五入して算出しています。また、計算過程において手数料・税金等は考慮していません。

長期投資の威力
毎月3万円を20年間運用していくと・・・?

毎月3万円を20年間、運用しなかった場合と、運用して増やした場合をシミュレーションで見てみましょう。
将来の運用成果に大きな差が出ることが分かります。

運用しなかった場合720万円。年率3%で20年間運用すると981万円。年率5%で20年間運用すると1,217万円。最大で約500万円の差。

(出所)野村證券作成

  • このシミュレーションは、実際の投資結果とは異なります。手数料・税金などは考慮していません。複利で計算します。積み立ては各月末に行うものとします。

「毎月の金額は?」「何年間運用する?」「どのくらい増える?」
積立のシミュレーションをしてみよう。

投資対象を分散して、自分だけのポートフォリオを

リスクや値動き、特長が異なる商品を組み合わせることで、自分だけのポートフォリオを組むことができます。
「時間分散」に加え、投資対象を分散することで、リスクをコントロールすることが可能です。

投資対象が異なる商品を組み合わせる テーマの異なる商品を組み合わせる タイプの異なるファンドを組み合わせる 値動きが異なる商品を組み合わせる

野村ではじめる積立投資

野村だからこそ選べる、豊富な積立投資サービスのラインアップ。
証券会社としての長年の実績があるからこそご提供できる高品質の商品とサービスを、お客様の資産作りにお役立てください。

抽選で50組100名様ご招待! 東京2020オリンピック・パラリンピック応援 野村のつみたてキャンペーン

はじめての方へ

オンラインサービスをご利用のお客様

ログイン

お問い合わせ先

総合ダイヤル

0570-077-000

【利用できない場合】042-303-8100(注)

平日 8:40~19:00土日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えのないようご注意ください。
  • ナビダイヤルは通話料が発生します。(固定電話:3分8.5円(税別)/ 携帯電話:20秒10円(税別))
  • 携帯電話料金プランの無料通話等を適用させる場合はこの番号をご利用ください。