NISA

メインヴィジュアル

投資家を税制面から応援する制度「NISA」。
非課税メリットを活用しながら、資産形成に役立てましょう。

NISAには、「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」があります。それぞれ制度が異なりますので、ご自身に合ったNISAをお選びください。

NISAの特徴

ポイント1
売却益が非課税

NISA口座で購入した上場株式・公募株式投資信託等の値上がりに伴う売却益の税金は非課税となるため、課税口座に比べて受け取れる売却益に差が出ます。

値上がり分の売却益が非課税
ポイント2
配当金・分配金等が非課税

NISA口座で購入した上場株式等の配当金等を非課税で受け取ることができます。

配当金が非課税
  • NISA口座で保有する上場株式等の配当金等を非課税とするには、配当金等の受取方法を「株式数比例配分方式」に指定する必要があります。
ポイント3
3種類あるNISA

「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類から、ご自身に合ったNISAをお選びいただけます。

3種類あるNISA
NISA口座はお一人様1口座
NISA口座は、すべての金融機関を通じて同一年内にお一人様1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
また、同一年内に一般NISAとつみたてNISAを併用することはできません。

一般NISAとつみたてNISA

口座名義人様が20歳以上の場合に利用できるNISAには、「一般NISA」と「つみたてNISA」があります。
同一年内に「一般NISA」と「つみたてNISA」の併用はできないため、どちらかをご選択いただく必要があります。

一般NISAとつみたてNISAの比較表

一般NISA つみたてNISA
対象商品 上場株式・公募株式投信など 法令などの要件を満たした
公募株式投信など(注1)
非課税対象 対象商品にかかる売却益・配当金・分配金など
非課税枠 120万円/年 最大600万円 40万円/年 最大800万円
非課税期間 5年間 20年間
投資可能期間(口座開設期間) 2023年まで 2037年まで
投資方法 制限なし 積立投資に限る
非課税期間満了時の取り扱い 翌年の非課税枠への繰越し可(注2) 翌年の非課税枠への繰越し不可(注2)
引出し 制限なし
対象年齢 20歳以上(注3)
金融機関変更 各年で変更可能
前へ
次へ
  1. 一定の指数に連動するもののほか、手数料や信託期間、純資産額などについて法令などの要件を満たした商品になります。
  2. 満了時につみたてNISAから一般NISAへ、一般NISAからつみたてNISAへの翌年の非課税枠への繰越しは制度上認められていません。
  3. 日本にお住まいの20歳以上の方(一般NISA・つみたてNISAをご利用になる年の1月1日現在で20歳以上の方)が対象です。
  • 上記の内容は、2018年11月時点の情報に基づくものです。今後変更となる可能性があります。

NISAは、すべての金融機関を通じて、同一年内におひとり様1口座に限り利用できること、同一年内に一般NISAとつみたてNISAを併用できないこと、非課税投資枠・非課税期間が異なることなどさまざまな留意事項がございます。詳しくは以下からご確認ください。

一般NISA、つみたてNISAご留意事項

あなたに向いているNISAはどっち?

一般NISAに向いているのはこんな方
  • 広い商品の中から自分で選びたい方

  • 株式の購入を考えている方

  • 年間に運用する金額の大きい方

一般NISA

つみたてNISAに向いているのはこんな方
  • コツコツ毎月貯めていきたい方

  • 老後のための資金など、長期での利用を考えている方

  • 投資信託に興味がある方

つみたてNISA

ジュニアNISA

お子様やお孫様の将来の資産形成を応援する制度、それが「ジュニアNISA」。
教育資金の準備や生前贈与などに幅広く活用できます。

店舗で開催中のセミナーのご案内

野村のNISAについて、制度の基本から活用法まで、幅広いテーマで解説しています。
お申し込みはWebから。参加は無料です。