NISAのよくあるご質問

NISAに関して、よくお寄せいただくご質問をまとめました。

NISAの口座開設・事務手続きに関する
よくあるご質問

Q

2023年までの旧NISA口座を開設していた場合は、新たにNISAの口座開設申込は不要ですか?

A
2023年までの旧NISA(一般・つみたて)口座を開設していたお客様は、2024年以降のNISA口座が自動で開設されています。
Q

現在、他の証券会社でNISAを利用しているが、野村證券でNISAをはじめるにはどうしたらいいですか?

A
NISA口座の金融機関変更ページでお手続き方法をご案内しております。
Q

つみたて投資枠と成長投資枠は別々の金融機関を開設出来ますか?

A
NISA口座は、複数の金融機関で開設することはできません。つみたて投資枠、成長投資枠とも、同一の金融機関で、それぞれ1つのみの開設となります。

NISAの取扱商品・保有商品に関する
よくあるご質問

Q

NISAで購入できる商品は何がありますか?

A
「つみたて投資枠」は、長期の積立・分散投資に適した公募株式型投資信託で、金融庁への届出商品に限定された投資信託が購入の対象となります(NISAつみたて投資枠対象ファンド)。
「成長投資枠」は、上場株式・投資信託などが購入の対象になります(なお、株式は整理・監理銘柄を除く。投資信託は信託期間20年未満、毎月分配型及びデリバティブ取引を用いた一定の商品等は除外されます)(NISA成長投資枠対象ファンド)。
Q

NISAで外国株式、外国投信も買えるようになりますか?

A
買付できません。
Q

他社で設定したNISA口座に野村の預りを移管できますか?

A
変更前の金融機関のNISA口座で買付けられた株式や投資信託等は、変更後の金融機関に開設したNISA口座へ移すことはできません。
Q

NISA対象商品は何ですか?

Q

2023年まで旧NISAで保有していた株式や投資信託は、2024年以降のNISA口座に移管されていますか?

A
されていません。
2023年までの旧NISAで買付をした商品は、非課税期間満了までは非課税で継続保有が可能です。非課税期間満了後は、課税口座に移管されます。
Q

現在、課税口座(特定口座や一般口座)で保有している株や投資信託をNISA口座に移すことはできますか?

A
移すことはできません。NISA口座で新たに購入した商品が非課税対象となります。
Q

2023年までの旧NISA口座で株式るいとうをしていました。2024年以降の非課税枠で積立を継続することはできますか?

A
2023年までの旧NISA口座で積み立てた株式数については、2024年からのNISAに移行はできません。ただし、積立契約している銘柄が監理・整理銘柄でなければ、成長投資枠で今後も継続して積立が可能です。

NISAのつみたて投資枠に関する
よくあるご質問

Q

2023年までの旧つみたてNISAで購入していた銘柄を、2024年以降のNISAの「つみたて投資枠」で引き続き購入することはできますか?

A
2023年までの旧つみたてNISAの商品は、そのまま2024年以降のNISA「つみたて投資枠」の対象商品となりますので、引き続き購入することは可能です。
NISAつみたて投資枠対象ファンド
Q

2023年までの旧NISA(一般・つみたて)で契約していた投信積立や株式積立は、2024年からのNISA口座に引き継がれますか?それとも、改めて契約が必要ですか?

A

成長投資枠・つみたて投資枠で購入可能な銘柄かによって対応が異なります。対象銘柄は、下記ページにてご確認いただけます。尚、2023年までの旧つみたてNISAの商品は、そのまま2024年以降のNISA「つみたて投資枠」の対象商品となりますので、引き続き購入することは可能です。

NISAの成長投資枠に関する
よくあるご質問

Q

成長投資枠とはどういうものですか?

A
2023年までの旧一般NISAの役割を引き継ぎ、上場株式などに幅広く投資ができるものです。
ただし、株式は整理・監理銘柄を除き、投資信託は信託期間20年未満、毎月分配型及びデリバティブ取引を用いた一定の商品等は除外されます。
Q

ETFやREITは成長投資枠の対象になりますか?

A
国内上場のETFやREITは対象となります。(高レバレッジ型、整理・監理銘柄は除く)
Q

つみたて投資枠対象銘柄を成長投資枠として購入することはできますか?

A
一括購入はできませんが、積立で購入する場合は可能です。
また、積立で購入する場合には、つみたて投資枠とは別に成長投資枠対象として申込することが必要です。
Q

つみたて投資枠対象銘柄を成長投資枠で積立で購入する場合、月額の上限金額はありますか?

A
ありません。年間の成長投資枠(240万円)を超える分の買付は課税で行うことになります。
Q

POやIPOの募集・売出等の銘柄はNISA口座の対象になりますか?

A
対象になります。
Q

成長投資枠を利用し株式るいとうを行うことはできますか?

A
できます。

NISAの制度に関する
よくあるご質問

Q

成長投資枠とつみたて投資枠を同時に使うことは可能ですか?

A
可能です。非課税保有限度額(総枠)として2つの投資枠合わせて取得価額ベースで1,800万円まで保有が可能です。
成長投資枠は年間240万円、つみたて投資枠は年間120万円まで買付が可能です。
ただし、成長投資枠では非課税保有限度額(総枠)のうち1,200万円までしか買い付けることができないなどの制限があります。
Q

2023年までにつみたてNISA・一般NISAで投資した分はどうなるのでしょうか?

A
2023年末で一般NISA・つみたてNISAともに制度は終了となりますが、2024年以降のNISAの非課税保有限度額(総枠)とは別枠で、非課税期間の終了まで運用を継続できます。詳しくは2023年までの旧NISA制度についてのページをご覧ください。
Q

2023年までの旧NISAと、2024年以降のNISAは、どう変わったのでしょうか?

A
2024年以降のNISAでは、今までより非課税投資枠が拡大され、非課税保有期間が無期限になり、これまでよりも長期的な投資が可能になりました。
また、旧NISAでは売却時に投資枠が復活しませんが、2024年以降のNISAでは、売却分の非課税保有限度額が翌年以降に再利用可能となりました。
Q

非課税保有限度額が再利用できる、とはどういう意味ですか?

A

NISA口座で購入した分を売却した場合は、その分の非課税保有限度額が翌年以降復活して再利用が可能となります。

  • 簿価(=取得価額)残高方式で管理
Q

一般口座、特定口座で保有している株式をNISA口座に移行できますか?

A
いいえ。NISA口座でのお預かりは、NISA口座で新たに購入したもののみになります。
Q

上場株式の配当金も非課税になるのですか?

A
株式数比例配分方式で受け取った配当金のみが非課税になります。該当銘柄の配当基準日に株式数比例配分方式の登録が完了している必要があるので、弊社には配当基準日の2営業日前までにお手続き下さい。
Q

いつからいつまでに受領した配当金や分配金が非課税扱いとなりますか?

A
2024年より非課税保有期間が無期限となります。よって、売却しない限りは非課税で受け取ることが可能です。
上場株式等の配当金は支払日基準、公募株式投資信託の分配金は決算日基準です。

NISAのロールオーバーに関する
よくあるご質問

Q

2023年までの旧NISA口座の保有商品は、2024年以降のNISAに移行(ロールオーバー)されますか?

A
2023年までの旧NISA口座の保有商品は、2024年以降のNISAに移行(ロールオーバー)はできません。
Q

ロールオーバーとは何ですか?

A
2023年までの旧NISA制度において、非課税期間が満了した保有商品を、翌年のNISA非課税投資枠へ移して非課税期間を延長させる手続きを「ロールオーバー」と呼びましたが、2024年以降のNISAでは、非課税期間が無期限のため、ロールオーバーはありません。
Q

NISA口座で保有している株式や投資信託を、非課税期間が終了する分のみ売却することはできますか?

A

同一銘柄の一部の預りを、買付けした年を指定して売却することはできません。複数年にわたって取得した株式や投資信託を売却する場合、取得日や取得時間が古い預りから順番に売却(先入先出法?)されます。

なお、非課税期間満了となるNISA預りは、オンラインサービスにログインの上、「資産状況/履歴」⇒「お預り資産」画面よりご確認いただけます。

NISAのジュニアNISAに関する
よくあるご質問

Q

ジュニアNISA口座で年末に非課税保有期間5年を迎える商品がありますが、未成年のため、NISA口座が開設されません。保有している預かりはどうなりますか?

A
18歳になる前にジュニアNISA制度が終了してしまう場合には、継続管理勘定(ロールオーバー専用の非課税枠)で18歳になるまで非課税扱いで保有することができます。
なお、ロールオーバーにあたり特段の手続きなく、自動的に継続管理勘定に移されます。
Q

ジュニアNISA口座には払出制限(出金制限など)がありましたが、2024年以降はどうなりますか?

A
2024年以降は年齢や事由に関わらず、ジュニアNISA口座で保有している商品の払出や預り金の出金を行っても遡及課税がなく行えるようになります。
ただし、これまで同様、3月31日時点で18歳である年の前年末までは、一部のみを払出すことはできず、ジュニアNISAで保有している全ての商品および預り金を払出ししたうえで、ジュニアNISA口座は廃止することが必要です。
Q

ジュニアNISAがなくなるかわりに何歳からでもNISAができるようになりますか?

A
いいえ。NISAは18歳以上からご利用いただけます。
Q

ジュニアNISAはいつまで申込むことができますか?

A
2023年9月末で受け付けを終了いたしました。

NISAの買付・売却に関する
よくあるご質問

Q

NISAで投資信託を購入した場合、購入時手数料は非課税保有限度額に含まれますか?

A
いいえ。含まれません。
Q

売却で投資枠が復活とありますが、売却の回数に上限はありますか?

A
売却の回数には制度要件は設けられない想定です。また売却した場合、売却した枠は翌年以降に復活します。
Q

購入した株式等の評価額の増減で利用枠が増減しますか?

A
非課税保有額は取得価額で管理されるため、保有する上場株式等の値動きによる影響は受けません。
Q

NISAで買った商品を売却した際、非課税枠を再利用できますか?

A

可能です。NISAは取得価額ベースで1,800万円まで保有が可能という制度設計であり、売却回数の制限もありません。ただし、売却した商品の取得価額分が新たな投資に利用可能となるのは翌年以降になることに注意が必要です。

  • 非課税枠を再利用する場合であっても、年間非課税投資上限枠は360万円(つみたて投資枠120万円・成長投資枠240万円)を超えることができません。

NISAに関するコンテンツ

NISAをはじめるには、まずは証券総合口座の開設が必要です

まずは口座開設

NISA口座開設はオンラインサービスから

オンラインサービスにログイン