ノムラ外貨MMF(ルクセンブルグ籍オープンエンド契約型外国投資信託)

本・支店のみの取り扱いです。
野村ネット&コールでの取り扱いはありません。

運用実績

平均実績分配額および年換算利回り(直近7日実績、運用管理費用等控除後、税引前、各通貨ベース)

USMMF
(US マネー マーケット ファンド)

年換利回り

10,000口(100米ドル)当たり分配額:
(1日平均)

豪ドルMMF
(豪ドル マネー マーケット ファンド)

年換利回り

10,000口(100豪ドル)あたり分配額:
(1日平均)

英ポンドMMF
(英ポンド マネー マーケット ファンド)

年換利回り

10,000口(100英ポンド)あたり分配額:
(1日平均)

カナダドルMMF
(カナダドル マネー マーケット ファンド)

年換利回り

10,000口(100カナダドル)あたり分配額:
(1日平均)

NZドルMMF
(NZドル マネー マーケット ファンド)

年換利回り

10,000口(100NZドル)あたり分配額:
(1日平均)

上記の数値は過去の運用実績の概況を示したものであり、今後の運用実績の見込みを示すものや、運用実績を保証するものではありません。
また、各通貨ベースの利回りですので、円から投資する場合は為替変動による影響を受けます。

ノムラ外貨MMFの適用為替について

お申し込みメモ

購入単位

USMMF 10米ドル以上1米セント単位(1,000口以上1口単位、通常1口1米セント)
豪ドルMMF 10豪ドル以上1豪セント単位(1,000口以上1口単位、通常1口1豪セント)
英ポンドMMF 10英ポンド以上1英ペンス単位(1,000口以上1口単位、通常1口1英ペンス)
カナダドルMMF 10カナダドル以上1カナダセント単位(1,000口以上1口単位、通常1口1カナダセント)
NZドルMMF 10NZドル以上1NZセント単位(1,000口以上1口単位、通常1口1NZセント)
  • ただし、販売会社が応じる場合は、1口以上1口単位とします。

換金(買戻し)単位

1口単位

お申し込み・受け渡し

購入・換金(買い戻し)ともにファンド取引日に受け付け、翌取引日に受け渡しが行われます。各取引日の午後4時までに所定の手続きが完了したお申し込みを、当該取引日に行われたものとして取り扱います。

当ファンドに係る費用

  • 購入時・換金(買戻し)手数料:なし
  • 運用管理費用(管理報酬等):純資産総額に対し年率0.69%
    (ファンドの純資産総額の水準により、この年率以下となる場合があります。また、金利水準により引き下げられる場合もあります。)
    各ファンドの純資産総額に対して、投資顧問報酬(年率0.15%)、販売会社報酬(年率0.4%)、代行協会員報酬(年率0.1%)、保管報酬(年率0.04%。年間15,000米ドルの管理報酬が含まれます。)がかかります。またその他の費用として目論見書、運用報告書、通知の作成・印刷費用、弁護士費用、監査費用、登録費用、銀行手数料等の費用が実費としてかかります。

  • 上記手数料等は、一部の費用等が実費となる場合がある他、ファンドの保有期間等に応じて異なるため、これらを合計した料率、合計額または上限額等を表示することができません。

ファンドの概要

  • 格付の高い各通貨建ての短期証券に投資します。
  • 少額から出し入れ自由です。
  • 毎日実績分配、分配金は毎月末再投資されます。
  • ノムラ外貨MMFは、「USMMF」「豪ドルMMF」「英ポンドMMF」「カナダドルMMF」「NZドルMMF」の5ファンドで構成され、各ファンド間で乗り換え(スイッチング)が可能です。

投資リスク

ファンドは、債券や短期金融商品など値動きのある証券に投資します。これらの投資対象には、主に以下のような性質があり、ファンド証券の1口当り純資産価格および日々の分配金額を変動させる要因となります。従って、ファンドは投資元本が保証されているものではありません。また、純資産価格が外貨建てで表示されますので、当該通貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により、円換算ベースでは投資元本を割り込むことによる損失を被ることがあります。ファンドの信託財産に生じた損益は全て受益者のみなさまに帰属します。なお、投資信託は預貯金と異なります。

金利変動リスク

金利変動リスクとは、金利変動により証券価格が変動するリスクをいいます。一般に金利が上昇すると債券価格は下落し、ファンド証券の1口当り純資産価格が下落する要因となります。また、金利が低下すると短期金融商品からの収益が減少する要因となります。

信用リスク

信用リスクとは、ファンドが投資する債券および短期金融商品の発行体が財政上の困難、経営不振その他の理由により、元利金をあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなるリスク(債務不履行リスク)をいいます。一般に債務不履行が発生する場合、またはそのおそれがある場合には、債券および短期金融商品の価格は下落し、1口当り純資産価格が下落する要因となります。また、発行体の信用格付の変更に伴い、債券および短期金融商品の価格が下落するリスクもあります。

為替リスク

US マネー マーケット ファンドは米ドル、豪ドル マネー マーケット ファンドは豪ドル、英ポンド マネー マーケット ファンドは英ポンド、カナダドル マネー マーケット ファンドはカナダドル、NZドル マネー マーケット ファンドはNZドルを基準通貨としています。従って、日本円で投資する投資家は、外国為替市場の変動を反映して、その保有する価値が、円貨換算することにより、当初投資した金額を下回ることがありますのでご留意ください。

純資産価格が一定のファンド(constant Net Asset Value fund)のリスク

ファンドは、受益者が受益証券を換金もしくは購入する際の純資産価格を一定(各ファンドについてそれぞれ1米セント、1豪セント、1英ペンス、1カナダセント、1NZセント)に保つことをめざすファンドです。ただし、ファンドの保有資産の純資産額は変動し、市場価格は、換金時または購入時の受益証券の1口当り純資産価格(各ファンドについてそれぞれ1米セント、1豪セント、1英ペンス、1カナダセント、1NZセント)から乖離することがあります。受益証券の1口当り純資産価格を一定に維持するために、ファンドは償却原価法により資産を評価します。償却原価法によって決定した評価額と市場価格に基づく評価額の差が規定の範囲を超えた場合には、管理会社は、その差を縮小するための措置(純資産価格を一定に保つために、各受益者の保有口数を減少させるなどの措置)をとる必要があります。また、受益者から想定外の大量の換金があった場合、ファンドは、元本を割り込むような、購入時よりも低い価格で資産を売却せざるを得なくなり、その結果、純資産価格を一定に維持できない可能性があります。

  • 純資産価格の変動要因は上記に限定されるものではありません。

管理会社その他の関係法人

管理会社

グローバル・ファンズ・マネジメント・エス・エー

その他の関係法人

ノムラ・アセット・マネジメント・UK・リミテッド
「投資顧問会社」
ノムラ・アセット・マネジメントU.S.A.インク
「USMMFの副投資顧問会社」
ノムラ・バンク(ルクセンブルグ)エス・エー
「保管受託銀行」、「登録・名義書換事務、支払、管理事務代行会社」、「発行会社代理人」および「評価代理人」
野村證券株式会社
日本における「販売会社」、「代行協会員」

ご留意事項

  • 当ページは、野村證券株式会社が作成した商品説明ページです。
  • 「ノムラ外貨MMF」のお申し込みにあたっては、販売会社よりお渡しする交付目論見書の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。

今すぐ!口座開設(無料)

<口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください>


 平日 8:4020:00 
 土日 9:0017:00 
(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えないようご注意ください。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら